中国語の翻訳家になるには様々な経験をして視野を広げることが大切

サイトマップ

翻訳ならお任せください

翻訳作業から日本語の奥深さを考える

グローバル化が進む現代、翻訳作業は生活の中の至るところで行われている。例えば、観光地のパンフレットはもちろん、道路の案内表示、映画の字幕・吹き替え、著作物など。今や翻訳なくして生活が成り立たないといっても過言ではないのです。
日本語には、外国語ではとても表現しづらいものがある。例えば、他人のお宅にお邪魔した際に手土産を渡す時の一言「つまらないものですが」。英語で直訳してしまうと、それはただの失礼な発言になってしまう。自分をへりくだって表現することで相手を立てるという日本独特の文化の上にある言葉は、海外ではなかなか通用しない。
この場合は、英語だとただ「どうぞ」とか「私がお勧めするお菓子です」といった具合になるだろうか。同様に、日本独特の美意識、思いやり、文化が翻訳の苦労を何十倍にもさせている言葉はたくさんあると推測できます。
今はデザインもフラットデザインが流行っているし、街中には人種を選ばず、誰もが感覚的に理解できるピクトグラムなんかがそこらじゅうにあります。誰にでも優しい、表現の画一化が進んでいるとも言えます。せっかく日本人が培ってきた日本人らしい言葉は、ぜひともそのまま奥深く、味わい深く生き残っていて欲しいものです。

NEW POSTS

一覧へ

Copyright © 2016 中国語の翻訳家になるには様々な経験をして視野を広げることが大切 All Rights Reserved.